linkto_sitemap  
  menu_top   menu_aboutus   menu_coterie  
    menu_inquiry   menu_link   menu_blog
発行物紹介
 
発行物一覧

  ▼次回イベント情報

  ▼すべての発行物

  ▼ご注文方法

頒布中発行物

  電車バス断ち 自転車生活を 1年8カ月 続けた結果

  File/Dir Hacks ver.1.0

  File/Dir Hacks ver.0.2

  コンパチブル・シェルスクリプティング

  初めてのPOSIX原理主義

  平成最後のフレンズかんそくたい

  そんなにあるのか チップスター図鑑

  ポプテピツイ

  フレンズかんそくたい

  ついったーちほーの最大瞬間風速

  Win/Mac/UNIX
すべてで20年動くプログラムはどう書くべきか

  あの紀文(ひと)は今、キッコーマン。(2版)

  鳥と太陽の紋章を受け継ぎし者たち

  すべてのUNIXで20年動くプログラムはどう書くべきか

  キッコーマンの
飛んでる豆乳
飲みたい紀文

  本当は身近な
うつ病のはなし

頒布終了発行物

  あの紀文(ひと)は今、
キッコーマン。

  Shell Script
ライトクックブック
2014-2016

  すべてのUNIXとWindowsで20年動くプログラムはどう書くべきか

  Shell Script
ライトクックブック
2014-2015

  ななか Inside Press vol.5

  リッチな
コンピューター入門

  リッチな
サーバー構築
VOLUME1 DS

  Shell Script
ライトクックブック

  笑顔になりたい

  Googol Mac
Like Racks 第1版

  リッチな
サーバー構築
VOLUME2

  できねPROmini
Chromium OSクラウドコンピューティング

  できねPRO
そろそろIPv6事始め

  できねPRO
快適データ通信

  TeX同人誌用
栄養補助食品
 
  カバー・タイトル
 
表紙:電車バス断ち自転車生活を1年8カ月続けた結果

コロナ禍だけど、くじけない!

電車バス断ち自転車生活を1年8カ月続けた結果

Rich Mikan 著

2021年12月31日(コミケ99) 初版発行
A5版 44ページ(冊子版は46ページ)

  • color_iconPDF版(カラー)頒布開始

COMIC ZINとらのあなメロンブックスでも委託販売中

 

(近日頒布開始)
①冊子+PDFセット 頒布価格600円【税込】

現在、カゴに 冊入っています

(近日頒布開始)
②PDF単独 頒布価格300円【税込】

現在、カゴに 冊入っています

▲トップに戻る


  本の内容
 

「人(都会人)は、電車・バス無しで生きて行けるのか」を1年8カ月かけて検証した実験レポート

2020年4月.日本で緊急事態宣言(1回目)がまさに発出されようとしていた頃,電車やバス等の公共交通機関の利用は,ラッシュ時間帯にもかかわらずガラガラというかつてない状況になりました.そう,あの頃は誰しもが電車・バスの利用をはばかるようになっていたのです.その時筆者も,追い詰められるようにして電車・バスを避け,代わりに自転車で移動するという生活を始めました.

  • 自転車のルール
    • 電車とバス等の乗合交通機関は、一切不可
      • 電動アシスト付き自転車はOK
      • アシストを超える出力を持つ電動自転車はダメ
      • もちろん原付バイク以上もダメ
    • 自転車は、運転免許無しで乗れるものだけ
    • ただし、家族・友人の自家用車による送迎はOK
    • タクシーもOK
      • 使えば当然,運賃という名のペナルティーが発生する

とはいうものの,未解明だった新型コロナウイルスの性質や感染対策がわかるにつれ,電車・バスの利用はある程度回復していきました.しかし,筆者は次第に

公共交通機関(電車やバス)での移動と,自転車移動はどっちが得なのか?この際だから徹底的に検証したい.

と思うようになりました.そうして半年くらい続けたあたりから,

これはもやは,夏ステージ(猛暑),梅雨ステージ(雨),冬ステージ(寒さや風)などを乗り越える競技だ!

ということで続けられるだけ続けてきた結果,再開される冬コミの季節でまで続きました.続けようと思えばまだ続けられる気もしますが,「このあたりで一旦実験(競技)結果をまとめよう」ということでこの本ができました.

本書の構成

次のようにして,実験(競技)の経緯の説明,被験者(選手=筆者)と実験エリア(コース)等のデータを提示し,実験(競技)結果の紹介,そして最後には電車・バスを使っていた場合にかかっていたはずの試算運賃と自転車生活のコスト(自転車本体&パーツ代,駐輪場代等)の比較結果を載せて,結局どっちが得なのかの考察をしています.

  • 第0章 経緯
  • 第1章 検証実験(競技)の概要
    • 自転車生活のルール
    • 被験者データ
    • 環境データ
    • 乗車自転車データ
    • 期間
  • 第2章 自転車生活の成績・記録
    • 走ったコースについて
    • 悪条件(雨と猛暑)
    • 困り事・トラブル・事故・対策
    • 身体的影響
  • 第3章 自転車生活の一長一短
    • 新型コロナウイルス感染予防
    • 健康
    • 事故回避
    • 事故の補償
    • 時間の正確さ
    • 速達性
    • 「いつでも・どこでも」性能
    • 悪天候の日の便利さ
    • 荷物の運搬
    • 所有するメリット・しないメリット
    • まとめ
  • 第4章 自転車生活、高いか安いか
    • 自転車生活における経費総額
    • 自転車経費の月別の推移
    • GORE-TEXレインコートの後悔
  • おわりに

電車・バスと自転車は,結局どっちが得なのか?金銭面,時間面,安全面など様々な比較要素がありますし,住んでる地域や勤務先,年齢などの要因にもよるでしょうが,検討している方は是非ご一読ください.

▲トップに戻る


  電子書籍版を配布します
 

購入者に漏れなく電子書籍版を配信

電子書籍での購読を希望される読者の皆様のため,購入者特典として電子書籍版のダウンロードサービスを用意します.

ダウンロードの方法(イベントで購入された方向け)

本サイトからご購入された方は,何もせずとも電子版のダウンロード案内メールが届きます(多少のタイムラグがあります).

イベントで冊子版を購入された方にも,購入特典としてもれなくシリアルキーをメールでお知らせいたしますので,お手数ですが次の手順で申請をしてください.

  1. 本書の裏表紙にある署名欄に、自筆でサインしてください.(本名はもちろん,ペンネーム等でも構いません)
  2. 署名と本が写り込むように写真を撮ってください.範囲は裏表紙全体で,解像度は480*640ピクセル程度が目安でお願いします.
  3. 写真をメールに添付し,本文に本名を記入し,tsuhan[at]richlab.org宛にメールをお送りください.("[at]"は"@"に置き換えてください)

本にサインをするのを好まれない方は,写真の代わりに,ご感想・ご意見でもOK.最低140文字以上でお書きいただき,ご本名と共にtsuhan[at]richlab.org宛にお送りください.

▲トップに戻る


  訂正情報
 

本書発行後に見つかった訂正情報を掲載します.

 

▲トップに戻る


  その他情報
 

クレジット

This book is the 22nd product of the Rich Laboratories.
Copyright © 2021 Matsura Rich Laboratories, All rights reserved.

▲トップに戻る

 
 
nearly_valid_html401
[Powered by FreeBSD]
Powered by Apache
     
 
Copyright © 2007 Matsura Rich Laboratories, All rights reserverd.